スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長だけのためのメールマガジン「マーケティングの美味しいツボ」2011年12月8日(木)号

======================================================================

 ★株式会社フィナンシャル・インスティチュートのコンサルタント・
 前田健二(まえだ・けんじ)の
 社長だけのためのメールマガジン「マーケティングの美味しいツボ」
 2011年12月8日(木)号       

======================================================================
----------------------------------------------------------------------
【今週のテーマ】

 「中小企業のマーケティング責任者は社長であるべきである」Vol.3

----------------------------------------------------------------------

ということで、マーケティングの仕事とは「(顧客にとって)価値あるものを
創造して交換する」ことであるということがおわかりいただけたと思います。
マーケティングとは、単に「営業・集客をする」「売り込みをする」「広告を
打つ」「プレスリリースを撒く」といった部分的な仕事ではないということも
おわかりいただけたでしょう。

「価値あるものを創造して交換する」一見非常にシンプルですが、実行すると
なると相当に難しい仕事であることは想像に難くないでしょう。これだけモノ
やサービスが溢れている今日では、一体何が顧客にとって価値があるのか、何
を提供すれば顧客は価値を見出してくれるのか、想像することさえ困難でしょ
う。

これほどに難しいマーケティングという仕事。これを、社長であるあなたは社
員に任せられると思いますか?仮に任せられたとしても、その社員はこのマー
ケティングという大仕事の本質をきちんと理解して、着実に成果を果たしてく
れると思いますか?

少なくとも、私はそうは思いません。残念ながら、私が見たところ、日本の中
小企業の従業員でこのような仕事を着実にやり遂げられる人材は非常に少ない。
仮に、社長からマーケティングの仕事を任された彼または彼女がマーケティン
グの極意を体得し、真のマーケッターになりえた場合、すなわち、「何をすれ
ば顧客にとって価値あるものを生み出すことが出来るのか」という真理を悟っ
た場合、多くの場合、彼または彼女は独立して事業を起こすか、もっと条件の
良い、彼または彼女が体得した能力にふさわしい報酬が得られる別の職場へと
移ってゆくことでしょう。

とどのつまり、マーケティングの仕事とは、あなたの会社の「存在理由」に直
結する大問題であるということなのです。「(顧客にとって)価値あるものを
創造して交換する」ことができなければ、そもそもあなたの会社は存在するこ
とが出来ない。こんな重要で重大な仕事を社員に任せるなど、まったくもって
考えられない。

会社がそれなりの規模になれば、成長期のアップルのスティーブ・ジョブズが
ペプシコからジョン・スカリーをマーケティング担当役員として招聘したよう
に、優秀な専門の人材を外部から登用することも可能でしょう。しかし、少な
くとも中小企業のレベル、多分売上で年商10億円位までは、マーケティング責
任者は社長でなければならないと私は確信をもって断言します。

仮に「私には無理だよ」と言うのであれば、マーケティング責任者にふさわし
いポストと報酬を用意して、自分の役員報酬を削ってでも彼または彼女に報い
るべきでしょう。さもないと、既述のように、彼または彼女は、より適切な職
場を求めてあなたの会社を去ってゆくことでしょう。真のマーケッターの経済
的価値は、今日においてはとりわけ、相応に高くなっているのです。

ということで、三回に分けて「中小企業のマーケティング責任者は社長である
べきである」というテーマについて書かせていただきました。マーケティング
の仕事は難しい。難しいけれどやってゆかなければならない。やる以上は楽し
んで、十分に勉強して、頑張っていただきたいと思います。

(このテーマは今号で終わりです。次号からは別のテーマです)

----------------------------------------------------------------------
【今週のマーケティング情報ソース】
 アメリカ有力企業のマーケティング担当者の平均給与額(英語)
 http://www.glassdoor.com/Salaries/marketing-salary-SRCH_KO0,9.htm

----------------------------------------------------------------------
 本メールマガジンのご感想、ご意見、ご質問、ご相談など、私のメールで受
 付けております。お気軽にこちらへメールしてください。
 → mailto:maeda@financial-i.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式会社フィナンシャル・インスティチュート
 コンサルタント 前田健二
 maeda@financial-i.co.jp
(東京オフィス)
〒105-0022 東京都港区海岸1-9-11
        マリンクス・タワー6階
 TEL: 03-5425-4600 FAX:03-5425-0078
(大阪オフィス)
 〒541-0041 大阪市中央区北浜3-5-22
        オリックス淀屋橋ビル6階
 TEL: 06-6231-5081 FAX: 06-6231-5085

(名古屋オフィス)
 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-41
           AMビル9階
 TEL: 052-955-5225 FAX:052-955-5226

(福岡オフィス)
 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1丁目14番16号
 博多駅前センタービル3階
TEL:092-432-1310 FAX 092-432-1530

■会社案内
  http://financial-i.co.jp/
■メールアドレスの変更・解除はこちら 
 http://www.mag2.com/m/0000261739.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シェフまえだ

Author:シェフまえだ
料理好きおやじシェフの個人ブログです。中小企業の経営コンサルタントです。クリスチャンの2ちゃんねらーでもあります。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。