スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフォルニアメキシカン風マグロ丼、ハラペーニョとともに

(材料:4人分)

・すし飯
ご飯 4合
お酢 大さじ6
塩  小さじ2
砂糖 小さじ2

・まぐろのづけ
まぐろのブツ  200-300グラム
煮切りみりん 50cc
醤油      50cc
白ゴマ 適量

・アボカドのグアカモレ
アボカド(良く熟したもの) 2
マヨネーズ(出来ればアメリカの「クラフト」とかがよい) 大さじ5
レモン汁 大さじ2
トマト 半分
玉ねぎ 1/4
塩コショウ 適量

・トッピング
刻み海苔 適量
ハラペーニョ 4本

(作り方)

1.ご飯を硬めに炊き、上の材料ですし飯を作る。ご飯は人肌くらいの温度に冷ましておく。
2.煮切りみりん、醤油、白ゴマを混ぜあわせ、その中にまぐろのブツを入れ、冷蔵庫で2-3時間冷やしてづけをつくる。
3.アボカドは皮をむき、種をとってすり鉢に入れてよくすりつぶす。その中にマヨネーズ、レモン汁と、みじん切りにしたトマトと玉ねぎ、塩コショウを入れてよくあえる。なお、玉ねぎはあえる前に冷水で15分ほどさらしておくと辛味が抜ける。
4.1.のすし飯を丼に盛り、刻み海苔をまぶした上に2.のまぐろを乗せる。その上に3.のアボカドを大さじ山盛り一杯くらいすくってトッピングする。
5.4.の上にまぐろをつけていた汁を丼一杯につき大さじ2くらいかけて、ハラペーニョを丸ごとトッピングしてできあがり。

これは漏れが考えたオリジナルの料理。漏れがアメリカでレストランをやっていた時、従業員のメキシコ人からメキシコ料理の食べ方を教わったが、その名残が影響していると思われる。彼らは何でもハラペーニョと一緒に食べる傾向にある。この料理も、ハラペーニョと一緒に食べた方がおいしいと個人的に思う。なお、なぜか日本では生のハラペーニョが手に入らない。大き目のスーパーに行けば酢漬けのものが手に入るので、そちらで代用するしかない。これに合わせるスープは、薄めのビーフ系のだしのものがおいしいと思う(ライムをおもいきりしぼって食べる感じ)。酒は、やはりテキーラがものすごく合う。この丼を食べる前に、皆で一緒にキンキンに冷えたテキーラをイッキ飲みしてから食べると、色々な意味においてものすごく楽しいと思う。
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シェフまえだ

Author:シェフまえだ
料理好きおやじシェフの個人ブログです。中小企業の経営コンサルタントです。クリスチャンの2ちゃんねらーでもあります。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。