スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長だけのためのメールマガジン「マーケティングの美味しいツボ」  2012年5月10日(木)号  

======================================================================

 株式会社フィナンシャル・インスティチュートのコンサルタント・
 前田健二(まえだ・けんじ)の
 社長だけのためのメールマガジン「マーケティングの美味しいツボ」
 2012年5月10日(木)号       

======================================================================
 ★アメリカの音楽業界専門コンサルタント マイケル・ブランドボルド氏の
 大人気Eブック「キッスのスクール・オブ・マーケティング」の日本語版が
  リリースされました。購読は無料です。以下よりお申込み下さい↓
  http://uriageup.jp/mo/kisssommm
----------------------------------------------------------------------
【今週のテーマ】
         「ピントレストの可能性」Vol.6
----------------------------------------------------------------------

実際、ピントレストを早い段階から活用しているGAPの事例を見ても、商品の
写真といった直接的なコンテンツよりも、GAPユーザーのスナップショットと
いった間接的なコンテンツの方がフォロワーの数が断然多いです。また、今日
時点で8万人を超えるフォロワーを有するアメリカのネットショップETSYのア
カウントを見ても、直接売ろうとしているコンテンツを見つけるのが困難な程、
ライフスタイルに特化したコンテンツで溢れています。

ETSYのケースでは、ピントレストに相当のトラフィックを集めることに成功し
ており、そこから消費者が共感できる商品に関連するコンテンツを見つけた場
合、ETSYのサイトへ移動してショッピングをしてもらうといった流れになって
いると思われます。回りくどいと言えば回りくどいのですが、ピントレストに
おけるマーケティングは、やはり消費者から「見つけてもらい」そして消費者
からアプローチしてもらうインバウンド・マーケティングが基本になるように
思われます。つまり、ピントレストとは、インバウンド・マーケティングの原
則である「消費者による共感」をベースにした最新のマーケティングビークル
のひとつなのだ、と言えるでしょう。

ツイッターやフェイスブックといったソーシャルメディアをマーケティングに
活用されておられる方は既にお気づきだと思いますが、ソーシャルメディアの
世界では、売り込みをすると消費者が逃げてゆきます。あまりにも強引に売り
込みすぎるとただちにブロックされたりフォローを解除されたりしてしまいま
す。ソーシャルメディアの世界では、プッシュ的に売り込むのではなく、消費
者と価値観やライフスタイルを共有し、あくまでも消費者主体で自主的に製品
やサービスを買ってもらうしかないのです。このことを理解し、これを誰より
も率先して徹底して行う企業が勝ち残ってゆくものと思われます。

少し前までの我が国のマーケティングの世界では「もっとも声の大きい者が勝
つ」が常識でした。これは、ある意味今も間違ってはいないのですが(特に廉
価な消費財においてはそうですが)、BtoBの商品やサービス、あるいは高額な
商材といったものについては、「もっとも声の大きい者が勝つ」のではなく、
「消費者の声に耳を傾け、価値観を共有し、もっともいいね!と思われる者」
が勝つと思います。そしてこの傾向は、今後強まることはあっても弱まること
は決してないでしょう。

ということで、六週に渡ってピントレストについて考察をしてきました。ピン
トレストは、誕生してからまだ二年という非常に若いメディアでもあり、今後
さらに進化と成長を続けて行くでしょう。あなたの会社がマーケティングにお
いて、少なくともインバウンド・マーケティングにおいて今後も成果を出して
ゆきたいとお望みであれば、ピントレストを避けてはならないと思います。逆
に、ライバル会社が手を出していない今の段階から手を付け始め、ピントレス
トのユーザーとリレーションを築き始めるべきです。それにより、時間の経過
とともにソーシャルの世界におけるあなたのステータスは上がってゆくと思い
ます。

(このテーマは今号で終わりです。次号からは別のテーマです)

----------------------------------------------------------------------
【今週のマーケティング情報ソース】
 ピントレストで人気のETSYのアカウント(英語・閲覧には登録が必要です)
 http://pinterest.com/etsy/

----------------------------------------------------------------------
 ★闘う!元銀行支店長・弊社取締役三枝嗣典(さえぐさ・つぐのり)の
 「金融ハルマゲドン完全サバイバルマニュアル・実態財務で金融
  ハルマゲドンに備えよ!」好評発売中。詳細は以下をご覧下さい↓
  http://uriageup.jp/arm_manu/120404.armManualmm/
----------------------------------------------------------------------
 当メルマガの読者登録ページはこちらです。
 → http://f.msgs.jp/r/c.do?my_16TS_x_aow
 当メルマガをお知り合いにおすすめいただける場合は、こちらのURLを
 お伝え下さい。
----------------------------------------------------------------------
 本メールマガジンのご感想、ご意見、ご質問、ご相談など、私のメールで受
 付けております。お気軽にこちらへメールしてください。
 → mailto:maeda@financial-i.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式会社フィナンシャル・インスティチュート
 コンサルタント 前田健二
 maeda@financial-i.co.jp
(東京オフィス)
〒105-0022 東京都港区海岸1-9-11
        マリンクス・タワー6階
 TEL: 03-5425-4600 FAX:03-5425-0078
(大阪オフィス)
 〒541-0041 大阪市中央区北浜3-5-22
        オリックス淀屋橋ビル6階
 TEL: 06-6231-5081 FAX: 06-6231-5085

(名古屋オフィス)
 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-41
           AMビル9階
 TEL: 052-955-5225 FAX:052-955-5226

(福岡オフィス)
 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1丁目14番16号
 博多駅前センタービル3階
TEL:092-432-1310 FAX 092-432-1530

■会社案内
  http://financial-i.co.jp/
■メールアドレスの変更・解除はこちら 
 http://www.mag2.com/m/0000261739.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:シェフまえだ
料理好きおやじシェフの個人ブログです。中小企業の経営コンサルタントです。クリスチャンの2ちゃんねらーでもあります。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。