スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長だけのためのメールマガジン「マーケティングの美味しいツボ」  2012年4月19日(木)号

======================================================================

 株式会社フィナンシャル・インスティチュートのコンサルタント・
 前田健二(まえだ・けんじ)の
 社長だけのためのメールマガジン「マーケティングの美味しいツボ」
 2012年4月19日(木)号       

======================================================================
 ★闘う!元銀行支店長・弊社取締役三枝嗣典(さえぐさ・つぐのり)の
 「金融ハルマゲドン完全サバイバルマニュアル・実態財務で金融
  ハルマゲドンに備えよ!」好評発売中。詳細は以下をご覧下さい↓
  http://uriageup.jp/arm_manu/120404.armManualmm/
----------------------------------------------------------------------
【今週のテーマ】
         「ピントレストの可能性」Vol.3
----------------------------------------------------------------------

ところで、ピントレストはネット上に存在する写真等のコンテンツを著作権者
に無断でコピーして掲載しているわけですが、これについて著作権法上の問題
は生じないのでしょうか?

ピントレストの利用規約、先月最新版に更新されたばかりですが、には冒頭次
の一条が記されています。

 ピントレストおよび他のユーザーによるあなたのコンテンツの取り扱い

 アカウントの種類を問わず、あなたは、ピントレストに掲載されるあなたの
 コンテンツが、サービスおよびオペレーティングの提供を目的としてピント
 レストによって通常実施権的に、ロイヤルティフリーに、譲渡可能的に、サ
 ブライセンス可能的に、また世界ライセンスとして表示、再生産、リピン、
 修正(再フォーマット等)、リアレンジ、配布されることを承諾します。

少々わかりにくいですが、ユーザーによって投稿される写真等のコンテンツは、
著作権者からのクレームがない限りにおいて「ユーザーのコンテンツ」として
取り扱われ、それをピントレストがサービスプロバイダーとして表示してもい
いという承諾をユーザーがピントレストに与えているという意味だと思われま
す。

ピントレストの立場は、あくまでもデジタルミレニアム著作権法(DMCA:
The Digital Millennium Copyright Act)の定めるセーフ・ハーバー条項に適
合しており、著作権者からのクレームに対して適切に対応することで著作権問
題をクリアしているものと思われます。

このDMCAセーフハーバー条項とは、グーグルやユーチューブといった「公的プ
ラットフォーム」を運営するサービスプロバイダーが、ユーザーが著作権法的
に問題があるコンテンツを投稿したとしても、それに対する対応措置等の機能
を提供することで免責される規定です。実際、ピントレストにはコンテンツの
著作権者が自分のコンテンツをピントレストから削除するようリクエストでき
る機能を備えています。

また、ピントレストは、コンテンツの著作権者が自分のサイト等に掲載するコ
ンテンツを他人が勝手にピン出来ないようにするメタタグも開発し、コンテン
ツ著作権者がピントレストユーザーをオプトアウトできるようにもしています。

しかし、ユーザーの実際の感覚としては、他人の写真を勝手にピンして持って
行ってあたかも自分のもののようにしてしまうのもなんとなく後ろめたい気が
してしまうものです。ブログのリンクやトラックバック、サムネイルといった
機能よりも「自分のもの」的な感覚がピントレストにはつきまとうのも事実で
しょう。

それでも、ピントレストが拡大を続ける中で、著作権をうるさく主張する人た
ちが逆に置いて行かれる格好になり、うるさく言わない大多数のコミュニティ
が自然に組成されてゆくことがイメージ出来るかもしれません。インバウン
ド・マーケティングが巧みとされるオバマ大統領も、先日ピントレストにお気
に入りレシピ、アート等々の8つのボードを立ち上げたそうです。

なお、2012年3月時点までにピントレストに対する著作権侵害等の訴訟はまだ
一件も起こされていないそうです。

(以下、次号に続く)

----------------------------------------------------------------------
【今週のマーケティング情報ソース】
 米特許庁 "THE DIGITAL MILLENNIUM COPYRIGHT ACT OF 1998"(英語)
 http://www.copyright.gov/legislation/dmca.pdf

----------------------------------------------------------------------
 ★闘う!元銀行支店長・弊社取締役三枝嗣典(さえぐさ・つぐのり)の
 「金融ハルマゲドン完全サバイバルマニュアル・実態財務で金融
  ハルマゲドンに備えよ!」好評発売中。詳細は以下をご覧下さい↓
  http://uriageup.jp/arm_manu/120404.armManualmm/
----------------------------------------------------------------------
 当メルマガの読者登録ページはこちらです。
 → http://f.msgs.jp/r/c.do?my_16TS_x_aow
 当メルマガをお知り合いにおすすめいただける場合は、こちらのURLを
 お伝え下さい。
----------------------------------------------------------------------
 本メールマガジンのご感想、ご意見、ご質問、ご相談など、私のメールで受
 付けております。お気軽にこちらへメールしてください。
 → mailto:maeda@financial-i.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式会社フィナンシャル・インスティチュート
 コンサルタント 前田健二
 maeda@financial-i.co.jp
(東京オフィス)
〒105-0022 東京都港区海岸1-9-11
        マリンクス・タワー6階
 TEL: 03-5425-4600 FAX:03-5425-0078
(大阪オフィス)
 〒541-0041 大阪市中央区北浜3-5-22
        オリックス淀屋橋ビル6階
 TEL: 06-6231-5081 FAX: 06-6231-5085

(名古屋オフィス)
 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-41
           AMビル9階
 TEL: 052-955-5225 FAX:052-955-5226

(福岡オフィス)
 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1丁目14番16号
 博多駅前センタービル3階
TEL:092-432-1310 FAX 092-432-1530

■会社案内
  http://financial-i.co.jp/
■メールアドレスの変更・解除はこちら 
 http://www.mag2.com/m/0000261739.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:シェフまえだ
料理好きおやじシェフの個人ブログです。中小企業の経営コンサルタントです。クリスチャンの2ちゃんねらーでもあります。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。