スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長だけのためのメールマガジン「マーケティングの美味しいツボ」2011年12月22日(木)号

======================================================================

 ★株式会社フィナンシャル・インスティチュートのコンサルタント・
 前田健二(まえだ・けんじ)の
 社長だけのためのメールマガジン「マーケティングの美味しいツボ」
 2011年12月22日(木)号       

======================================================================
 ★お知らせ 闘う元銀行支店長・三枝嗣典(さえぐさ・つぐのり)の
 「金融ハルマゲドン大予言セミナー」のPartII年末・年始スペシャルが
 愛知県産業労働センター「ウインクあいち」にて2012年1月20日(金)に
 開催されます。

 詳細は→ http://uriageup.jp/seminar/arm011112mm
----------------------------------------------------------------------
【今週のテーマ】

        「ネット広告万能主義の危険性」Vol.2
----------------------------------------------------------------------
(前号からの続き)

 「最近競合が増えてきて集客効果が落ちてきた」

 「広告表現とかを工夫しないと効果が出なくなってきた」

 「昔のような単純なやり方ではクリックしてもらえなくなってきた」

等々の、リスティング広告の効果に関する声が現実的な問題であるとした場合、
その背景には一体何があるのでしょうか?

第一に、グーグルの扱うコンテンツの量と広告スペースの規模的拡大が挙げら
れます。グーグルは、1996年にサービスを開始しましたが、当初グーグルがイ
ンデックス(検索対象となるウェブページのデータベース)していたウェブ
ページの数は2千5百万ページでした。ところが、14年後の2010年には、その数
は400億ページと1600倍に増加しています。グーグルのリスティング広告は検
索対象となるインデックされたページの上部か右手に露出されるため、広告の
掲載可能スペースも相当増加したことは想像に難くないでしょう。物理的なス
ペースが増えたということは、当然のことながら広告の数そのものが増える可
能性をはらんでいます。

これを別のメディアに例えると、例えばアメリカの新聞は日曜版に大量の広告
が掲載され、日本で言うオリコミ広告の類も集中して配布されます。アメリカ
の新聞の日曜版は、ちょうど日本の古新聞回収に出される古新聞の束のように、
一つが相当の量と重さを持っています。小さな子供では運ぶのが難しいくらい
の重さです。実際、アメリカの新聞の日曜版は、私が観たところ、今くらいの
サイズが市場原理によって到達した「最大許容サイズ」であり、これ以上にな
ることは多分消費者が許さない程度であると思われます。これ以上物理的に広
告を増やすと、流通そのものに重大な影響を与えるし、それを読む読者にも相
当の時間と忍耐を要求します。そうなると、メディアとしての有用性が相当程
度逓減し、広告主への価値も相当程度棄損することが予想されます。よって、
アメリカの新聞は、現在のサイズ以上に拡大することは現実的ではないと判断
されます。

また、テレビなどの放送メディアにしても同様でしょう。日本のテレビは国際
基準に照らすと非常に特殊で、未だにメディアとしての物理的な上限がありま
すが、例えば物理的な制約のないユーチューブなどは、まさに青天井で動画が
世界中で投稿され続けています。こうした世界では、例えば特定の番組を広告
主が押さえて独占するといったことが従前より困難になりますし、さらに、そ
もそもどのような「特定の番組」がコンテンツとしてパワーがあるのか事前に
予測することも困難になります。その場合、例えば特定のテーマなりカテゴ
リーで絞って広告を露出したとしても、視聴者は相当程度分散し、広告効果も
相当程度低減することが予想されます。つまり、コンテンツそのものが増え続
けている世界では、消費者の視聴パターンそのものも相当多様化するので、広
告がそれに呼応し続けることが非常に難しくなるのです。よって、増加し続け
る放送コンテンツを広告媒体として活用するには、従前とは全く違った戦略が
要求されるのです。

さて、話をリスティング広告に戻しましょう。グーグルが対象とするウェブ
ページ数が爆発的に増加するとともに、掲載される広告の量も呼応して増加し
ています。前号でご紹介した、右肩上がりのグーグルの売上高がそれを表して
いますが、広告単価の増減を割り引いても、相当数の広告が露出されているこ
とは間違いないでしょう。実際、イギリスの調査会社BLM Quantium社によると、
2009年にグーグルが固有ブランドに対する広告基準を緩和したところ、広告単
価が31.6%増加し、逆に平均クリックレートは28.9%から20.9%に低下したそう
です。固有ブランドという特定のキーワードに対する広告量の増加により、総
体的なクリックレートが低下することを示すミクロな事例として注目されます。

(以下、次号に続く)

----------------------------------------------------------------------
【今週のマーケティング情報ソース】
 グーグルの扱う情報量の推移(英語)
 http://www.damncoolpictures.com/2010/09/size-of-google.html
----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
 当メルマガの読者登録ページはこちらです。
 → http://f.msgs.jp/r/c.do?my_16TS_x_aow
 当メルマガをお知り合いにおすすめいただける場合は、こちらのURLを
 お伝え下さい。
----------------------------------------------------------------------
 本メールマガジンのご感想、ご意見、ご質問、ご相談など、私のメールで受
 付けております。お気軽にこちらへメールしてください。
 → mailto:maeda@financial-i.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■株式会社フィナンシャル・インスティチュート
 コンサルタント 前田健二
 maeda@financial-i.co.jp
(東京オフィス)
〒105-0022 東京都港区海岸1-9-11
        マリンクス・タワー6階
 TEL: 03-5425-4600 FAX:03-5425-0078
(大阪オフィス)
 〒541-0041 大阪市中央区北浜3-5-22
        オリックス淀屋橋ビル6階
 TEL: 06-6231-5081 FAX: 06-6231-5085

(名古屋オフィス)
 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-6-41
           AMビル9階
 TEL: 052-955-5225 FAX:052-955-5226

(福岡オフィス)
 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1丁目14番16号
 博多駅前センタービル3階
TEL:092-432-1310 FAX 092-432-1530

■会社案内
  http://financial-i.co.jp/
■メールアドレスの変更・解除はこちら 
 http://www.mag2.com/m/0000261739.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:シェフまえだ
料理好きおやじシェフの個人ブログです。中小企業の経営コンサルタントです。クリスチャンの2ちゃんねらーでもあります。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。